htmlサイトのメリットデメリット@アフィリエイト目線で

目安時間:約 10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ship-458349_640

 

ワードプレスだろうがシリウスだろうが無料ブログだろうが、どんなツールを使ったとしてもウェブサイトは結局HTMLというプログラミング言語によって作られています。

HTMLを理解してタグと呼ばれる記号を使いこなせるようになればツールなんか使わなくとも自分でゼロからサイトを作ることが出来ます。

メモ帳や、HTML補助機能の付いたツール(たとえばシリウスやホームページビルダーなど)を使い、自分でタグを記述しながら作ったサイトを「HTMLサイト」と呼んだりしますが、HTMLサイトのメリット・デメリットをまとめてみました。

HTMLサイトのメリット

デザインを思い通りに自由自在に変えられる

ワードプレス使った場合、デザインはテンプレートによってほぼ決まってしまいます。そのためサイドバーの幅をちょっと広げたいとか、サイトタイトルの背景を変えたいとか、そういうちょっとした微調整がほとんどできません。

HTMLサイトを自分でゼロから作っていけば、細かい変更も自由自在になり、たとえばページによってデザインを変えるといったことも割と手軽にできます。あまりおすすめはできないですがww

シリウスはHTMLサイトを作るツールではありますがデザインテンプレートが用意されているため、自由にデザインを変えられる、というわけではありません。

無料HPも使える

忍者ホームページfc2ホームページといった無料で使えるホームページスペースも活用できます。ワードプレスだとPHPが動くレンタルサーバーの契約が必須になるものの、HTMLサイトならFTPさえつなげることが出来ればどんなサーバーにもサイトをアップできます。

別サーバーへの引越しがスムーズ

例えばドメインを変えずにレンタルサーバーだけ替えなければいけないことがあります。サーバーの容量が足りなくなってしまったとか、契約中のレンタルサーバーだとアクセス負荷に耐え切れなくなったとかそういったケースですね。

そんな時、HTMLサイトだとデータを自分のPCなどにダウンロードしておいて、新しいサーバーへアップし直せばそれで引っ越し完了です。

ワードプレスでサイトを作っていた場合も、テキストデータ(文章)は簡単にダウンロードできるし、新しいサーバーへのアップロードも簡単にできます。ただ画像データは基本的に一つ一つ入れ替えるしかありません。プラグインだって一つずつ入れなおさないといけないし、PHPのバージョンが変わることによってうまく動いてくれないプラグインが見つかるかもしれません。

 

無料ブログの場合はさらに面倒です。記事を一つ一つ手作業で移しかえるようなことをしなければいけないので、無料ブログの内容を他のサイトやブログに引っ越しさせるのはやめておいた方が良いですよ。

※シリウスやドリームウィーバー・ホームページビルダーで作ったサイトも、特殊なカスタマイズをしていない限り引越しは手軽にできます。

削除リスクがない ※有料サーバーの場合

無料ホームページスペースではなくてレンタルサーバーを使った場合の話になりますが、サーバー側の一存である日突然、サイトが削除されるようなことはまずありません。公序良俗に反するような内容だった場合を除いて。他にもレンタルサーバーの利用料をきちんと支払い続けている場合に限ります。

HTMLサイトのデメリット

FTPを覚える必要がある

サイトを作ったらFFFTPなどのFTPツールを使ってサイトデータをサーバーへアップロードしないといけません。慣れてしまえば決して複雑な作業ではないですし高度な技術が求められるわけでもありませんが、最初はとっときにくいところがあります。

ワードプレスでサイトを構築した場合、すべての作業はサーバー上で行います。画像・音声・動画といったコンテンツを除いて、サイトデータのアップロード・ダウンロードといったことはほとんど行いません。FTPを使ってデータをアップする必要がないため、HTMLサイトよりもワードプレスの方が記事の追加・更新のしやすさでは優れています。

※シリウスやドリームウィーバー・ホームページビルダーといったツールで作った場合、FTPの設定・FTPそのものの知識は必要になるものの、FTP機能がツールに組み込まれている分、手作業でHTMLサイトを作るよりも難易度は低いです。

納得のいくデザインができるまでにかなりのスキルアップが必要

HTMLサイトは細部にわたって自分の自由にデザインを変えていくことはできるのがメリット。ただ逆に言えばそれだけデザインセンス・HTMLスキルが問われることになります。たとえて言うならば、真っ白なキャンパスに絵をかいていくようなことをしなければいけません。

ワードプレスを使った場合、デザインはテンプレートによって切り替えることができます。ある程度の制約は出てしまうものの、逆に言うと着せ替え人形のようにテンプレートを入れ替えるだけでデザイン変更ができます。デザインやサイト構成をゼロから考えて作っていく必要がない分、楽にサイト運営をスタートできます。

デザインの微調整が煩わしい

HTMLサイトでデザインの微調整をするときに、意外に手間がかかってしまうことがあります。ジグソーパズルのピースの形を一つ変えただけでも、その周りのピースの形を変え、さらに周りのピースの形を変えて、、、といった具合に、1か所の微調整による影響が広範囲に及ぶケースもあるからです。

他にもヘッダー部分とコンテンツ部分の空間をもう少し狭めたいとか、サイドバーとコンテンツ部分の上辺の微妙なずれをなくしたいとか、簡単に思えて実はなかなかうまくいかない微調整はよくあります^^;

記事数が多い場合にはあまり向いていない

HTMLサイトは実は、この点が最大の弱点じゃないかな?という気がします。
記事数が1つとか5つとか10とか、その程度ならば大した手間にはなりませんが、記事数100とか200とか500とか、どんどん多くなればなるほど、記事の管理が煩雑になっていきます。記事の整理をしたいと思っても変更範囲が広範囲に及ぶこともあり、一筋縄ではいかなくなるからです。

特にサイドバーに変更を加えなければいけない場合、ほぼすべてのページに修正を加えなければいけなくなります。

ワードプレスでサイトを作れば記事の管理機能がついていますので、記事数が膨大に膨れ上がってもそれほど管理の煩わしさを感じることはありません。記事検索機能やカテゴリーの整理なんかもワードプレスは管理画面から手軽にできます。2カラム・3カラムの変更なんかもワードプレスなら管理画面からクリック操作で簡単にできてしまいます。

ホームページ作成ツールは必要か?

僕ら(アフィリエイター)は別に、誰かの依頼を受けてその人の希望通りにウェブサイトを作る必要はありません。そのため、デザインの微調整に手間を割く必要はないですし、そんな時間があれば記事を追加したり、SEOに時間を注いでいくべきです。

HTMLサイトを作るにしても手作業でゼロから作っていくよりも、シリウスなどのツールを使って効率化を図るべきです。それに手作業でサイトを作ると、ちょっとしたタグの打ち間違いにどうしても頭を抱える時間が生まれてしまいます。そういった意味でも、多少のカスタマイズ性は犠牲にしてでも、ツールを使ってデザインをテンプレート任せにするメリットはあります。

じゃぁ、アフィリエイターならばシリウスは必須なのか?というと、成果がほとんどうまれていない段階では不要だというのが僕のスタンスです。

極端な言い方をすれば、シリウスで作ったサイトで成果を出せないようでは、無料ブログを使っても結果を出せません。順番としてはまず無料ブログを使って月1万円とか2万円くらいをコンスタントにだせるるようになることが一番最初のステップ。その次のステップとしてシリウスとかを使って展開の幅を広げたほうが絶対に良いです。何と言っても初期投資を安く抑えることができますから。

シリウスでサイトを作ったとしても、いずれにしても成約に結び付く文章を書けるスキルがなければ、報酬につながるわけがありません。無料ブログを使えばその点、いくら作っても費用が掛からないわけですから、出費を最小限に抑えたうえで文章力を高める練習ができます。それでいて報酬につなげていくことができます。

無駄にして良いお金なんて1円だってあるわけありませんから、最初のうちはできるだけ費用はかけずに必須スキル(ライティング力)を伸ばしていくべきです☆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

プロフィール



こんにちは、ワンデイです☆

「アフィリエイトは作業第一!」をモットーに、日々、量産をメインに頑張っています。

これまでに作成した無料ブログは少なくとも2,000個以上、取り上げた商材は200以上、独自ドメインサイトは100個以上保有などなど、
実績に応じた報酬は獲得しています。


実績
infotop獲得報酬累計1000万円
突破!

アフィリ報酬月額100万円達成!

アドセンスでは毎月5万円前後を
ほったらかしで獲得

情報商材売上本数1500本達成!

人気ブログランキング最高8位
(しかも、わずか2週間で!)

紹介者0で無料レポート
DL数200件突破!
その他のコンテンツ
  • Using All in one Favicon
  •